Mark


俯瞰する樹形図


youkobo ART SPACE(2009年5月・東京)

私が生まれ育った故郷の、海のそばの母の実家のことをモチーフにした展示です。小さい頃、私の遊び場は砂浜や漁港で、そこは、海風から農作物を守るための防風林が、隙間なく続いていて、それはまるで海と日常を隔てているように見えました。またその実家には昔、倒れて根がむき出しになった楠の木があって、その隙間には沢山の蟹が巣穴を作り群れていたことなどを、私はうっすらと覚えています。幼い頃の原風景と、今日の私の中にある解きほぐす事のできない感覚が、不思議と結びついている気がしています。










Australopithecus(猿図)・炎上する樹形(ENZU/ENJOU SURU JYUKEI)
2009 Acrylic and Carborundum on cotton
1303×1620mm
Private Collection



稲喰 (INAHAMI)
2009 Acrylic and Carborundum on cotton
1900×1400mm
Private Collection

拡がる暗い森・光る影
(HIRUGARU KURAI MORI/HIKARU KAGE)

2008 Acrylic and Carborundum on cotton
530×530mm
Private Collection


蕩ける影 (TOROKERU KAGE)
2008 Acrylic and Carborundum on cotton
530×530mm
Private Collection

coacervate・風雨との闘い (FUU TONO TATAKAI)
2009 Acrylic and Carborundum on cotton
1620×1303mm


木枯らし (KOGARASHI)
2009 Acrylic and Carborundum on cotton
727×606mm
Private Collection



黒炎樹 (KOKUENJYU)
2009 Acrylic and Carborundum on cotton
729×730mm
Praivate Collection



月夜  (TSUKIYO)
2009 Acrylic and Carborundum on cotton 180×140mm
Private Collection
flower
2009 Acrylic and Carborundum on cotton 140×180mm
Private Collection


伐り株 (KIRIKABU)
2009 Acrylic and Carborundum on cotton 158×227mm
Private Collection

Mark
© 2022 Kadota art LLC